プラセンタ注射 プラセンタサプリメント

MENU

プラセンタ注射とプラセンタサプリメントどっちがおすすめ?

この記事では、プラセンタ注射とプラセンタサプリの違いについてご紹介したいと思います。

 

プラセンタ注射

プラセンタ注射は、医療技術の一環として肝機能障害や更年期の改善といった治療に使う時には保険が適用されることになっており、非常にリーズナブルな料金で治療を受けられます。

 

それに対し、美容目的などで行われる際は自費負担となり、大体1回につき1,000円から3,000円くらいかかるというのが目安のようです。プラセンタ注射は、医療行為として専門家である医師のアドバイスを受けながら行われるので、安心というのがメリットの一つです。
体にダイレクトに入れる方法なので、サプリメントタイプに比べて即効性に富み、効果を感じやすいのもメリットです。

 

ただひとつ、注意点としてプラセンタ治療を受けている間は献血ができないということを覚えておく必要があります。また、毎回クリニックや病院に通わなければならず、金額も時間もかさんでしまうというデメリットが存在しています。

 

プラセンタサプリメント

プラセンタサプリメントは価格がとてもリーズナブル。通販や薬局でいつでも手軽に手に入るのもメリットです。

 

価格にはバラつきがありますが、大体200円くらいから500円くらいに設定されているものが多く、リーズナブルなお値段で続けやすいというのがメリットといえます。気になる効果ですが、ネット上にもプラセンタサプリメントには高い口コミ評価が寄せられており、即効性などでは注射に劣るものの、全体として満足度の高い効果が認められています。

 

 

注射とサプリメント、それぞれにメリット、デメリットが存在します。何を重視して選ぶかによって、人それぞれチョイスが変わると思いますので、自分の状況を考慮して一番しっくりくるものを選ぶことが大切なポイントです。

プラセンタ注射のメリットとデメリット

プラセンタ注射のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

プラセンタ注射のメリット

●ホルモンのバランスを整える高い効果
●血行促進、代謝活性化による疲労回復効果
●免疫力の強化
●アミノ酸など豊富な美容成分を直接体内に取り入れるため、即効性と効き目が強くあらわれる。
●ビタミンCなどと組み合わせて注射する事によって、さらなる美容効果が期待できる

 

プラセンタ注射のデメリット

●治療費が負担になる。保険外治療で1,000〜3,000円くらいかかってしまう。
●通院にかける時間が面倒。体に直接注入するという行為が痛そう、怖い、と敬遠されがち。
●ヤコブ病とプラセンタの因果関係がハッキリと解明されていないため、一度プラセンタ注射を受けると献血ができなくなる

 

 

全体的に、サプリメントなどでプラセンタを取り入れるよりも手間がかかってしまうのが大きなネックといえるでしょう。また、安全性は限りなく100パーセントに近いというのが多くの医療関係者の見解です。

 


おすすめの馬プラセンタサプリが見つかるランキングへ

↓↓↓↓

馬プラセンタサプリおすすめランキング