《風俗ガイド》昔ながらの風俗と言えばのぞき部屋

"東京の下町や歌舞伎町などで営業をしているのぞき部屋はいわゆるストリップ劇場のようなものとなっています。
しかしのぞき部屋におきましては、小さな個室に入って、窓から女性のセクシーショーを観覧することになります。
「風俗」と言えばソープランドやヘルス、イメクラやデリヘルなどといったジャンルが有名です。
最近では数多くの店舗型「風俗」が派遣型へと移行しており、デリヘルが多いのは確かなことです。
のぞき部屋は基本的には自慰行為によって抜く風俗となっているので過度な期待は禁物です。
料金は非常にリーズナブルであり、ただ鑑賞するだけでしたら、2000円程度となっています。
ダンサーが踊っている時に、別の女性が男性の個室に入室をしてきて、手コキやフェラチオをしてくれるのぞき部屋も中にはあります。
さらにショータイムが終了した後に、そのダンサー自身がサービスをしてくれることもあります。"



《風俗ガイド》昔ながらの風俗と言えばのぞき部屋ブログ:18年06月27日

自分の立ち姿を、鏡に映して見ると…

猫背で前傾姿勢になっていませんか?
腹をつき出して
後ろに反り返った姿勢になっていませんか?

美しい姿勢を保つためには、
腹筋や背筋をはじめ、
さまざまな筋肉を使わなければなりません。

筋力が衰えると、姿勢が悪くなるのはもちろん、
バランスの崩れから腰やひざへの負担が大きくなり、
痛みとして表れることもあります。

ですから、
健やな日々を過ごすためにも、
しなやかに美しく動くためにも、
ときどき立ち姿を鏡でチェックすることを
わたくしはおすすめします。

娘の頃、お母さんや先生に、
「背筋を伸ばして」「アゴを引いて」「胸を反らしすぎないで」
などと注意を受けたことがありませんか?

確かにその通りなんですが…
そうすると不自然に力が入り、
かえって変な姿勢になってしまいかねません。

実は、とても簡単に
美しく立つコツってあるんですよね。

まずは、肩の力を抜きます。
そして、おへその下辺りとお尻に意識を向け、
その2カ所をキュッと引き締めるのです。

それだけで、自然に背筋が伸び、
腰がすっきり持ち上がり、
ひざも伸びてきますよ。

美しい姿勢を保つためにも、筋力の低下を防ぐためにも、
適度な運動は欠かせません。

腹を引き締めたり、からだを伸ばすストレッチをしたり、
からだのバランス感覚を鍛えたり、
日々のちょっとしたすきま時間に
適度な運動を取り入れることを、習慣づけたいものですね。

ちょっとだけ意識することが、
素敵なからだのラインと健康な日々につながるんです!