《風俗ガイド》素人の女の子に相手をしてもらおう

《風俗ガイド》素人の女の子に相手をしてもらおう



《風俗ガイド》素人の女の子に相手をしてもらおうブログ:18年04月20日


友人が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
カレーなんだそうですね。

読者様、ホントですか?

というのも、
僕は母親のカレーをきちんと思い出せないんです。

それは母親がカレーを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりカレー、
ある時はしゃばしゃばのあっさりカレー。

その都度、
母親は「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
僕の母親の場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日の母親のテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日チーズケーキも手作りだったのですが、
チーズケーキの大きさが毎回違うんです。

これは母親がケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのチーズケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

母親の面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただ僕が言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。
《風俗ガイド》素人の女の子に相手をしてもらおう

《風俗ガイド》素人の女の子に相手をしてもらおう

★メニュー

《風俗ガイド》多くの人がデリヘルを利用する理由
《風俗ガイド》昔ながらの風俗と言えばのぞき部屋
《風俗ガイド》意外と興奮する手こきでフィニッシュ
《風俗ガイド》完全合法で営業可能な風俗
《風俗ガイド》名古屋に存在している魅力的な風俗
《風俗ガイド》とってもお手軽な風俗で性欲解消
《風俗ガイド》素人の女の子に相手をしてもらおう
《風俗ガイド》ホテルを使って最高級の楽しみを
《風俗ガイド》この快楽はデリヘルだけのまさに醍醐味
《風俗ガイド》詐欺行為をしている風俗業者に注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)男の社交場と言えば風俗