《風俗ガイド》ホテルを使って最高級の楽しみを

"デリヘルの届出は無店舗型性風俗特殊営業としてしっかりと申請をしているので決して違法行為ではありません。
しかしデリヘル業者の中には申請をしないで堂々と営業をしている業者も存在しているので注意が必要です。
『お金を支払ってまで「風俗」遊びをしたくない』なんて思っている人もいるかもしれません。
しかし「風俗」というのは、奥様や恋人などとのプレイとはまた違った興奮を味わうことが出来るのです。
ホテルを利用する場合には、先に男性がホテルにチェックインをして待っていることとなります。
自宅を派遣先に選びますと、あなたの自宅住所が業者に知られてしまうというデメリットもあるのよく考えてプレイ場所を選びましょう。
デリヘルにはプレイルームが無いのでプレイ場所はご自身で用意する必要があります。
つまりあなたの自宅やホテルでプレイをしますので、周囲を気にする事無くプレイに集中することが出来るでしょう。"





xvideosまとめはここ
xvideosまとめの案内
URL:http://xvideos-suki.com


《風俗ガイド》ホテルを使って最高級の楽しみをブログ:18年09月14日

ぐっどもーにーん♪(テンション高っ

あたしたちにとって理想的な呼吸は
「赤ちゃんの呼吸」だといわれています。

赤ちゃんをよく見ていると、
ウエストを上下に波打つように動かし、
ゆったりと深い「腹式呼吸」をしていることがわかります。

日本人って
元来、腹式呼吸をしていたと考えられているんですよね。

田畑を耕したり、重い御輿を担いだりといった動きは、
ウエストの底まで息を吸い、
ぐっと止めて吐くという呼吸でなければこなせません。

また、武道や舞などのコシがすわった姿勢も、
腹式呼吸ならではのものといわれます。

ところが、
あたしたち現代人は
連日胸の上部だけ使った浅い呼吸(胸式呼吸)をしがちな上、
ストレスなどによって呼吸がさらに浅くなりやすいことから、
慢性的な酸素不足が指摘されています。

その酸素不足を解消してくれるのが腹式呼吸なんです。

横隔膜を下に押し下げることで胸郭を広げ、
連日あまり使われていない
肺の下部にまで空気を送り込みます。

酸素が肉体の隅々にまで行き渡るので血行がよくなり、
筋肉の緊張がほぐれて気分が落ち着きます。

また、
横隔膜が動くことで腹部の内臓が刺激され、
活発に働くようにもなります。

あたしたちの一日の呼吸回数はおよそ20,000〜25,000回。
80歳まで生きると、
6億〜7億回という気が遠くなるほどの呼吸を
繰り返していることになります。

この1回ごとの呼吸を「赤ちゃんの呼吸」、
すなわち腹式呼吸にできれば、
知らず知らずのうちに肉体の機能も活発になりそうですね!

ただし、無理は禁物。
息苦しさやめまいを感じるほどではなく、
やっていて心地よい範囲で試してみましょう。

ウエストいっぱいに酸素を取り込んで、
健康的な連日を送りましょう!

じゃんじゃん